2007年08月22日

KWANON10D

私の趣味としてこのブログにリンクしてある写真ブログには、曜日別に投稿サイトがリンクしてあります。

毎週曜日ごとに各サイトからテーマが出題され、そのテーマに沿った写真を撮って世界中から投稿作品が寄せられます。

投稿者の間では、日本製のカメラが人気あるようです。その中の一つ、キャノンのロゴにこんな意味があるとは知りませんでした。

詳細はこちらのサイトへ。

創業者が熱心な観音信仰をしていて、そのご慈悲にあやかって世界に通用するカメラを作ろうと誓願を立て、みごとに実現したのでした。

試作段階でのロゴマークである観音様には千本の手があります。これは、あの手この手で人々を救おうとする慈悲を表現しているのだとか。その慈悲にあやかって今では世界中の愛好者から引く手あまたのカメラブランドです。

世界の人々が手にするカメラに仏教の慈悲が込められていたとは、意外でもあり嬉しくなるようなお話でもあります。

それにしてもKWANONとは、くわぁんのんと読むのでしょうか。憧れのcanon10Dや20DもKWANONでは、ちょっとイメージが違うかも(^_^;)

観音菩薩についてはここが参考になります。

ちなみにseesaaの写真加工ツール「マジカルメーカー」ではこんなことができます。
posted by PFC at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

見えないチカラ

今日の表題はある写真集のタイトルです。

目の不自由な人々が撮影した奇跡的な写真を集めた「全国盲人写真展」。盲人写真家の作品を立体コピーシステムと点字を使い、目の不自由な人でも手で触れることによって写真を感じることができるという世界的にもほかに類をみない写真展です。


その写真展を私は昨年鑑賞しました。「目の自由・不自由を越えて、心で感じる」写真には違いないでしょうけど、私の予想とはちょっと違っていました。

どの作品もまるで目が見える人が撮ったように、構図もピントもばっちりなのです。私が予想していたのは、見える人には撮れない「あっ」と驚くような構図やピントの合っていない素敵な写真です。

見える人の写真が「狙って」撮っているとしたら、きっと見えない人は無心で撮っていらっしゃるに違いないから、そこにはきっと見える人には「見えないチカラ」が働いているだろうと思っていたのでした。

狙ったような写真が悪いわけではありません。まるで見えること=標準と考え、標準に近づき過ぎて、せっかくの「見えないチカラ」がどっかいっちゃったような気がして、なぜだか少し残念だったのでした。

続きを読む?
posted by PFC at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

新しく古いデジカメ

今まで使っていたTomyのおもちゃデジカメがついに壊れてしまいました(T_T)。やっと使い方に慣れてきて愛着があっただけに残念です。

そこで中古品を扱っているショップへ行ってみたところ、ちょうどSONYのcyber-shotが予算より安い値段(しかも今まで使っていたおもちゃデジカメより安い!)で出ていたので購入しました。

液晶画面で画像を確認できるなんて感動的(T_T)。もういつ電池が切れるかハラハラしなくていいのも嬉しい。ちなみに、記念すべき第一作目はこれです。



新しくカメラは変わったけれど、ブログの説明文はこのまま使うことにします。写真の雰囲気はそんなに変わらないはずなので・・・。

続きを読む?
posted by PFC at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

携帯写真家

M.Sくんの作品です。

keitai.JPG keitai1.jpg


使用機種:D901i


カラーインクのように色鮮やかな発色に驚きました。色相や明度・彩度、白黒モードなど多彩な機能を選べるデジカメ並の携帯電話に参りましたm(__)m

実物はもっと美しく幻想的なのだけど、私のおもちゃデジカメで撮影するとこうなる(T_T) ブログ掲載については、ご本人に承諾して頂いています。写真もセンスいいけど、ご本人もかっこいいです。

「友達少ないんですよ〜」ということは、友達よりもファンがたくさんいるということでしょうか(^_^;) サイン入り写真をありがとうございました。

続きを読む?
posted by PFC at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

使っているデジカメについて

私が使っているおもちゃデジカメについて最近とても嬉しいことがありました。

ある日突然、デジカメの調子が悪くなったので、発売元のトミーに修理依頼をしました。とりあえず見積もりだけのつもりで電話を待っていたら、10日ぐらい後に突然宅配便が届きました。中を開けると修理担当の方のお手紙とすっかり直って前より調子よくなったカメラが入っていました。しかも請求書は入っていません!さすが、子供の夢を育むおもちゃメーカーです。ホントは子供じゃなくいい年した大人が使ってるんですけどね(^_^;)

これはどんな宣伝にも勝る宣伝になりますね。でも全国のサービス業の皆さん、消費者が皆私のように単純とは限りませんよ。昔の「お客様は神様」でしたが、今では「王様」ですからね。神様は失敗を許してくれますが、王様を怒らせたらどうなるか・・・。

ところで、トミーのデジカメと同じ価格帯のデジタルカメラの愛好者の方が運営していっらしゃるサイトがこちらにありました。より具体的なことはこちらです。
ほんの数年の間に安いデジタルカメラも随分性能が向上して、今や数百万画素なんて当たり前のようです。ちなみに私のデジカメはたった25万画素・・・。ということで、今日の1枚はこれです。

cosmos
posted by PFC at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。