2005年01月22日

「やりたいことをやる資格」談志談

今年も大勢の新人さんが入社してきます。ほとんどが大卒の学生さんですが、なかには中途採用の人もいます。どの企業も年々採用人数が少なくなってくる傾向があるようですが、現在の職場では毎年結構な人数を採用しています。

理由の一つは離職率が高いことのほかに縁故入社が毎年相当数あるからでしょうか・・。俗にいうサラリーマンの出世はさしみ(実力3割、コネ4割、残り3割はなんでしたか?)そのままですね。かくいう私は何度も書いているように契約社員なので、さしみとは全く無縁です(^^ゞ

特に最近は例年になく「えっ、こんな有名大学の学生さんが?!」と驚くほどのブランド大学の学生さんが応募してきて、採用される現象が起きています。やはり就職氷河期は深刻なようです。ネット漂流をしていると、時々現役の学生さんのサイトにたどり着きますが、就職が決まらなくてウツ状態になっている人もいらっしゃるようです。

そこで、進路に迷う若者やウツ状態の人には大変厳しい(私の感覚では普通の意見だと思いますが(-_-;) 立川談志師匠の人生訓話(クリックすると開きます)を紹介します。

※節操なくてすみませんが、議員時代の立川さんのことはよく知らないです。政治的立場は抜きにして、普通の大人の意見として紹介させて頂きました。そうは言っても
posted by PFC at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事について | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

年金一元化

昨年から自然災害による被害が各地で頻発し、マスコミでもweb上でもその話題が多いようです。その陰で改憲議論と並んで年金一元化論が展開されています。

私も資料をもらってあるので、それを見ながらブログに記事を書くつもりだったのですが、年末の大掃除で行方不明になってしまいました。とほほ・・・。

「年金一元化」で情報検索するとたくさんヒットするので、一元化論の詳細はそれらのサイトを参考にして頂きたいと思います。

私の理解では、続きを読む
posted by PFC at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事について | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

女性と起業

なにやら論文コンテストの応募作のようなタイトルですが、昨日コメントを頂いたあふぇりさんへの返信のつもりです。あふぇりさんのブログのどこにコメントすればいいのか今ひとつわからなかったので、自分のところに続きを書きます。すみません・・(^_^;)

私が行った起業講座では、実際に起業した人の体験談や簿記の基礎知識などが盛り込まれていて、受講後は講師が自分の起業アイディアの相談に乗ってくれるというものでした。

そこで知り合った女性(40〜50代)は、長年保育士として働いてきた経験を生かして、仲間と一緒に託児所を立ち上げた人でした。保育士としての経験はあっても、経営者としての経験がないため、経理のやり方がわからなくて相談に来たとおっしゃっていました。

また教職を定年後、IT関連の会社を興した男性は、資本金は少なくても会社を設立することはできるが、日本の法律や経済のしくみは独立・起業ができる体制になっていないとおっしゃっていました。

起業には、自分の仕事経験を生かすやり方と、全く経験のない分野で起業するやり方があるようです。どちらにしろ、起業には資本金が必要です。それはどうするのかと思っていたら、こんな話を耳にしました。





続きを読む
posted by PFC at 22:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事について | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。