2010年04月20日

マリアの旅

原子爆弾を投下された長崎の浦上天主堂にあった木彫りのマリア像が平和を訴える旅に出るそうです。

被爆マリアと呼ばれるこの像は、爆風で吹き飛ばされ、頭部だけが瓦礫の中から発見されたそうです。

ニュースサイトの画像で見たマリア像は、両眼(恐らくガラスの目玉が入っていたのでしょう)が失われ、ぽっかり空洞になっていました。そして、片頬は焼け焦げて黒くなっていました。

恐ろしい形相のマリア像は、被爆された方々の生き地獄を物語っているかのようです。

しかし、本当の地獄は、アメリカ人(キリスト教徒)によって、日本のキリスト教徒(浦上天主堂に集っていた人々)の上に原爆が投下されたことです。

私はクリスチャンではないので、そこにどんな神の愛を感じればいいのかわかりません。

でも、日本を代表する知識人(キリスト教徒)は、聖書の黙示録に書いてあるとおりになったと感じて、少しも混乱することはなかったそうです。

旅に出たマリア像を見て外国の人々は、そこに何を感じるのでしょうか?

黙示録の通り、神が再臨すると思って喜ぶのでしょうか?

長崎より先に原爆を投下された広島には「過ちは繰り返しません」と刻まれた碑があります。

戦争や、原爆投下を「過ち」だと認める心が、人類共通になるまで、平和はやってこないのかも知れません。
posted by PFC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

LRA続報

3月末に書いた記事「神の抵抗軍が大量殺人」の続きです。

LRA(神の抵抗軍)がコンゴで村民を300人以上も殺害した事件について、詳しい情報を伝えるブログ”blog.invisiblechildren.com”です。

アメリカ人大学生が撮影したドキュメンタリー映画「invisiblechildren」の制作スタッフが運営しています。

この記事に寄せられたコメントからも若者たちの真剣さが伝わってきます。アメリカが何をするべきか、ここに書き込まれたことが1日も早く実現しますように!
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

レッドハンドデイまで1週間

2月12日のレッドハンドデイまでちょうど1週間です。

2010redhand


1ヶ月前に書いた告知記事はここです。

詳細についてはヒューマンライツウオッチのサイトで確認できます(写真は同サイトよりお借りしました)。ちなみに昨年は日本事務所が窓口でした。

日本ではまだあまり知名度のない取り組みですが、「愛」が大切だと考える人は日本にもたくさんいらっしゃるようなので、きっと多くの人が無関心ではいられないことでしょう。

続きを読む?
posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

基本的人権の尊重

私が子どもだった頃、中学校の宿題で来る日も来る日も憲法の条文やら前文やらを書き写していたことは「中学教師」で前に書きました。

その時、肝心なことを書き忘れていたので2月11日に書くつもりでした。でも、気が変わりました。

28日付けのとむ丸さんの記事「そこまでやるか、東京地検」を読んで今日書くことにしました。

宿題を出した先生は、「たとえ捕まえられたとしても、人権は守られるはずだ。憲法にはそう書いてある」。

何をして誰に捕まるんだろうとドキっとしました。

先生は更に続けました。「拷問なんかできないんだ。」私の目は先生の真剣な表情に釘付けになりました。

「何があっても自分には生きる権利があるって言うんだぞ」。

その言葉を今日まで忘れたことはありません。ブログに書き忘れたのは、今の時代にそんなこと、と有事法制のことを忘れていたからです。

当時、教室で中学生に向かって「ニッキョーソ」のことを話してくれた先生もいました。「ニッキョーソって何ですか?」と無邪気な質問をする生徒に他の先生は「そんなことまで教室で話す先生がいるのか」と驚いていました。

そういう時代に後戻りしそうな気配がします。

取調べの可視化は必要なのです。

2月11日は、大日本帝国憲法が公布された日(だったと思う)です。
posted by PFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

レッドハンドデイ2010

今年も2月12日が4週間後に近づいてきました。

子どもを兵士として利用することに反対するキャンペーンの賛同者が集まるフェイスブックもできています。

ここです

写真のページでは海外の人々が手の平に赤い(ピンク色)塗料を塗って手形を押している様子が見られます。

皆さん楽しそうに参加しています!

左の写真はフェイスブックからお借りしました。

続きを読む?
posted by PFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

日曜朝11時TVを見よう

12月27日にTBS「サンデーモーニング」の後半で「世界の行き詰まりと意識の変革」をテーマとする特集があります。

その番組にアフガンのために治水・医療活動中の中村医師が11時頃登場するそうです。

番組HPによると「物質的豊かさだけを追い求めるのではなく、何か別の価値観で生きていこうという動きに注目する」。とのことです。

2年前のお正月に東京新聞がブータン王国では独自の幸福指数を採用していることを紹介していましたが(その時書いた記事「豊かな国」)、今ではフランスの猿子爺サルコジ大統領まで「GDPという尺度に変わる“幸福度"という概念を国力や経済を測る物差しにしよう」(同HP)と提唱しているそうです!

フランスでもある映画の登場人物が「パリはお金持ちが住む街になっていく」と嘆いているのです。

2年の間に日本もアメリカ並(それ以上かも)に格差を拡大したので、形だけでも「違う価値観」を提示する必要に迫られているのでしょう。

その価値観をすべての日本人が共有するのか、それとも一部の人が言い訳として利用するだけなのか、そこがこの番組の見どころなのかも。

どんなに格差を拡大したところで、お金や社会的地位だけでは守れないものがあります。

そういう意味で、この記事はTVではなく平和のカテゴリに分類しました。
posted by PFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

愛についての印象(笑)

怒りに満ちた愛
いがみ合う愛

底意地悪い愛
画策する愛

悪意に満ちた愛
狡賢い愛

暴力的な愛
計算高い愛

心が狭い愛
憎しみに満ちた愛

今年もたくさんの愛で
溢れていました

そのすべてを笑いに包んで
差し上げましょう

laugh & peace

気づきが少しでも
受け入れやすく
なりますように・・・
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

瑞相

今朝、東の空に虹が出ました。

南北にくっきり大きなアーチを描いていました。

久しぶりに見る虹でした。


夕方帰宅してネットのニュースを見ていたら、ちょうど今日はダライ・ラマ14世が四国の善通寺におられたのでした。

チベット密教と同じ密教を日本に伝えた弘法大師にゆかりのあるお寺です。私も2、3年前に訪れたことがあります。

あの大きな霊木を14世もご覧になったことでしょう。

明日は愛媛、5日は沖縄で講演会があるそうです。
posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

辺野古情報

メールやブログで情報を広めてとあったのでお知らせします。
以下さくら子さんの「はるのかんたんふ」ブログより転載です。

===============================================

11.8 県民大会を成功させよう!

「11.8辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」を成功させる意見広告へのご参加のお願い

*昨年の沖縄県議会選挙、そして今夏の衆議院選挙の結果で、「辺野古への新基地建設や高江への米軍ヘリパッド、ぜったいNO!」の県民の思いがようやく実るかに思えました。ところが、いま、民主党を中心とする政権が、揺れています。

*「沖縄の総意を見たい」という政権に対し、目に見える形で、「総意」を突きつけることが必要です。オバマ米大統領の来日を目前にして開催される県民大会は、まさにその絶好のチャンス。

*県民大会への参加を呼びかける意見広告を、ひとりひとりの力を集めて、地元両紙に掲載しませんか?意見広告への参加は、私たち自身の意思表示であると同時に、県民大会への参加よびかけにつながっていきます。

*新基地建設を断念させる大きなうねりを、私たち自身の手でつくっていきましょう!

===意見広告概要======

サイズ 7段(紙面の約半分の大きさです)
掲載紙 沖縄タイムス 琉球新報
掲載予定日 11月4日(水)
意見広告参加費 一口 1000円

主催 「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」を成功させる意見広告の会
取扱責任団体 沖縄平和市民連絡会
お問い合わせ先 電話&ファックス 098−864−1539(「すぺーす結」気付、9時〜18時)

======振込み先======

郵便振替加入者名 辺野古「沿岸案」「県内移設」を撤回させ
る意見広告の会

口座番号 01700−2−79586
転載以上


posted by PFC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

秋祭り



秋晴れのある日、お祭りがありました。


祭りと言えば力自慢です。重い米俵を担いで景品をゲットしなくては。私も物欲がうずいたのですが、足腰にいま一つ自信がなかったので止めておきました。

続きを読む?
posted by PFC at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

09夏の選挙

ナントカ実現党も衆院選から全面撤退するそうですし、選挙も近づいてきたことですし・・・。

有力視されている民主党って、もともと自民党が分裂してできた党だったような記憶をたぐりよせつつ、憲法提言では9条を変えて海外での武力行使が行えるようにすることを提唱したりもしていたなぁ・・と思い出しつつ。

ということで、改憲についてノーマ・フィールドさんのお話を伺っています。

8月8日にも小林多喜二についてお話があったそうです。

私のブログで以前書いた民主党議員さんについての感想です。
http://cabochard.seesaa.net/article/111451780.html
posted by PFC at 11:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

中東そしてアフガン

日本が戦争協力しているアフガン・イラク戦争はアフガン空爆から始まりました。そして、ついにオバマ大統領は、アフガンで2万人以上もの兵力を増強し、タリバーン掃討作戦を始めてしまいました。

中東でも一般市民が犠牲になるような火種が絶えません。報道では死傷者何人・・という数字のみが伝えられますが、誰がどんなふうに傷つき、死んでいったかという細かい情報はインターネットや口伝えで知るよりありません。


私もある人から中東のある場所で、毒ガスを浴びた人が失明し、その人から産まれた子どももやはり目が見えなかった・・という話を聞きました。毒ガスに遺伝子を傷つける作用があり、親から子へ、子から孫へと同じ障がいが続いていくのだそうです。

続きを読む?
posted by PFC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

沖縄慰霊の日

慰霊の日と言われても、何がどうだかよくわからない時のために、地図や写真がたくさんあってわかりやすいHPを紹介します。

http://www.asahi-net.or.jp/~qk3m-knk/oki-ireihi-00.htm

制作された方はすでに沖縄を去っておられ、2003年から更新が止まったままのようですが、「これがあの場所」「あの場所でこんなことが」とわかりやすいと思います。

首相が献花したあの場所はどこでしょう・・・。
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

軍艦に乗ってみました

ソマリアに行く船はこんなんでしょうか?



思ったほど大きくないし、意外とシンプルです。甲板はほんの数分でぐるっと歩いて回れました。



ミサイルの弾はずっしり重かったです。「これ一つ作るのにいくらかかるんですか?」と聞いてみました。答えは「知りません」。

案内してくれた自衛官たちは、敬礼しながら笑顔がさわやか過ぎて悲しくなりました・・・。

posted by PFC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

統帥権干犯

本日付の朝日新聞に掲載されていた連載記事を読みました。

wikiによる説明はここです。

この説明でも触れられているように司馬遼太郎さんが「この国のかたち」で統帥権について書いたことがきっかけとなって干犯問題が広く知られるようになったそうです。

私もそのエッセイを読んだことがあって、司馬さんは統帥権について書いたら死ぬことになるかも知れない・・と記していたように記憶しています。

それぐらい決死の覚悟で戦争責任の法的根拠を明らかにしたかったのでしょうか・・・。
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

結果報告

今年2月に紹介したレッドハンドキャンペーンの結果報告を”Red Hand Day”のサイトでご覧になれます。

http://www.redhandday.org/index.php?l=en&view=2009

報告によると34カ国から子どもを兵士として利用することに抗議する25万もの赤い手形が寄せられたそうです。

欧米だけではなくインドや中国、韓国、日本そしてアフリカなど30以上もの国でキャンペーンに賛同する活動が行われたそうです。

各国における取り組みの様子を撮影した写真が見られます。
http://www.hrwnews.org/redhandphotos/

国連が子どもを兵士として利用することを禁止しているにもかかわらず、現在でも15の国や地域で子どもが兵士として利用されています。

たとえば、アフガニスタンやイラク、パレスチナ、コンゴやウガンダなどでは、子ども達が兵士として戦っています。

毎年2月12日は「レッド・ハンド・デイ」です。
※2月に書いた関連記事はここです。
posted by PFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

ネット署名

ブッシュ前大統領とチェイニーによる政権乱用に関する真相究明を求める署名が始まっているようです。

こちらのサイトです。

今のところ 92,761 名の署名が集まっているそうです。目標は10万人ぐらいなのでしょうか・・・?

もはや真相は公然の秘密といえるのかも。
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

4月の催し2つ

「joy!」わたしの楽しみ

● とき
2009年4月10日(金)- 12日(日)
● 会場
ギャラリー モンネポルト
長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
※詳細は上記サイトへ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「アースデイ 祈りの夜」
  〜 音と詩でつづるキャンドル・ナイト 〜
■とき
2009年4月18日(土)
開場18:00 開演19:00

■会場
カフェスロー
http://www.cafeslow.com
東京都国分寺市東元町2-20-10
(JR国分寺駅南口より徒歩5分)

■出演
重松壮一郎(ピアニスト/作曲家)

■ゲスト詩人 & お菓子屋さんの出店
稲尾教彦(詩人/「菓子美呆」店主)

■料金
一般: 前売2000円 当日2500円
学生・障がい者: 前売 1000円 当日1500円
(ともに1ドリンク付き)
※未就学児 無料

【ご予約・お問い合わせ】
カフェスロー
tel: 042-401-8505
ネット予約フォーム:
http://www.cafeslow.com/apply.html
................................................................

「地球への祈りを詩につづる」

アースデイは地球のことを想う日。
昼間のイベントを楽しんだ後は、カフェスローに集いませんか。
電気を消して、ロウソクに灯りをともし、
静寂に響き渡るピアノの音と言葉に、耳を澄ましてみましょう。
祈りのキャンドル・ナイトです。

" あなたの詩に音をつけます "
このイベントでは、あなたにご応募いただいた詩に、ピアニスト重松壮一郎が即興演奏で音をつけます。地球への祈りを詩にこめて、メールで送ってください。
あなたのご応募をお待ちしております。

【詩の応募フォーム】
http://www.livingthings.org/contact
・3分程度で朗読できる詩をご応募ください。
・応募多数の場合は早めに閉め切る場合もございます。

................................................................

[ 予定プログラム ]

19:00 - 19:45 重松ピアノソロ、稲尾教彦の朗読とのコラボ
19:45 - 20:00 休憩
20:00 - 20:45 参加者の詩の朗読と、ピアノ即興演奏のコラボ
posted by PFC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

イナフプロジェクト

LRA(Lord's Resistance Army)について詳しい情報を発信しているサイトがあるようです。
http://www.enoughproject.org/special-topics/in-depth-look-LRA
posted by PFC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

3.20代々木へ!

受験の話じゃありません。「ストライキとデモで戦争をとめよう」という話です。3月20日(祝日)代々木公園にて「イラク反戦6周年全世界一斉行動」があります。

集会開始 13:30
デモ出発 15:30

3月20日へ向けて労組や全学連などが「生きさせろ!」をスローガンに全国各地で集会やストライキを実施しています。

イラク開戦3年目に書いた記事はここです。

その記事でも書いているのですが、この戦争は「アフガン・イラク戦争」であって、つい先日オバマ大統領がアフガン派兵増員を発表したばかりです。

アフガン空爆開始から言えば今年は8年目・・・。

「生きさせろ!」は憲法に書いてある生存権を国民が国に守るように命じている言葉でしょう。

自殺者が年間3万人以上もいたり、解雇によるホームレス化や餓死者、無保険による病死者まで出るようでは資本主義も末期症状なのでは・・・。
posted by PFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。