2011年09月10日

9月11日を前に

3.11から半年、9.11から10年になります。

このブログを始めたのが、アフガン・イラク戦争開始後のことでした。


9.11については、言葉を濁してきた人たちが、3・11を契機として、フクシマについては少しずつ声を上げ始めているのを感じます。

敗戦から66年目の今年、被爆者の方が「人間は(原爆を)忘れるとまた同じことを繰り返す」とおっしゃっていました。

「考えたくない」「忘れたい」そんな思いにとらわれてしまうことが怖いと感じます。



9.11を前にそんなことを考えました。



posted by PFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

長崎原爆投下の日

現在広島現代美術館でオノヨーコさんの「希望の路」を開催中です。

ヨーコさんは、長崎にも原爆が投下されたのに、被害が大きかったヒロシマの陰に隠れてあまり注目される機会が少ない長崎のことを気にかけているそうです。

そして、来日中は広島だけではなく長崎にも訪れたそうです。3.11後は、フクシマをモチーフにした作品も加えられ、展示作品がすべて写真撮影可で、条件を満たせばネットで公開してもよいことになっています。

著作権を尊重しつつ、シェアする精神にヒロシマ、ナガサキそしてフクシマへのヨーコさんの気持ちが汲み取れるような気がします。

現代美術館では、コレクション展で岡本太郎さんの「明日の神話」の原画も展示中で、このほか丸木位里さんが描いた原爆投下直後に被爆した人々を描いた大作も公開中です。





続きを読む?
posted by PFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

地球規模の戦い

ぱるたんさんのブログ「犬と歩けばゴミを拾う」に面白い替え歌があったのでお借りします。

♪この機 何の機 1号機
 想定してない機ですから
 見たこともない事故になるでしょう♪(4号機まで続く)

※日立のこの木何の木の替え歌です。

実際にこの木はハワイにあるそうです。そのハワイまで福島原発から出た放射線が拡散していて、牛乳からも高濃度の放射性物質が検出されているそうです。


ドナイスンノ。

今年ノ夏ハ大変ヤデ。

紫外線ダケヤノウテ放射線ニモ気ィツケナアカンノヤ。

重力トノ戦イモアルイウノニ、カナワンワ。

ホンマニ、地球規模ノ戦イヤ。
posted by PFC at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

観音様



あるお寺で観音像を見ました。
観音像は厨子に安置されていました。
厨子はちょっと変わった工夫がされていて
表側と裏側と両面に扉がついていました。

表側からは観音像が見えました。
裏側を覗くと、そこには大きな十字架が
貼り付けてありました。

きっとマリア観音というものなのでしょう。
昔、誰かがこっそり礼拝したのかも知れません。

観音様ってすごいですね。
もしも誰かがこっそり十字架の裏に
観音様をくくりつけて拝んでも
神さまは許してくれたでしょうか・・・。
posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

マダムグレ展

このブログのタイトルとしてお借りしているのは、フランスのファッションデザイナーマダムグレの香水の名前カボシャールです。

このたび、3月25日からパリにあるブールデル美術館でマダムグレ展が開催されるそうです。7月まで続く長い展示なので、機会があればお運びください。

マダムグレはパリがナチスドイツに占領された時に、ファッションショーを開き、フランス国旗と同じ3色のドレスを堂々と発表したそうです。そのため後にナチスの監視下に置かれたとか。

香水の名前通り強情ぱりで気骨のあるマダムグレに敬意を表し、国際婦人の日にグレ展についてお知らせします。

詳細はこちらのサイトへ(フランス語です)。
posted by PFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

バレンタインの前に

あと1週間で redhandday です。
ちょうどバレンタインの二日前です。



*写真は昨年食べた外国製のチョコレートです。
posted by PFC at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

あと2週間で

redhanddayです。

今年も今話題のfacebookに

イベント用サイトが立ち上げられて

いるようです。

画像はそこからお借りしました。


posted by PFC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

あと1ヶ月で

今年も red hand day(2月12日) *がやってきます。

キリスト教に基づく神政政権樹立を目指すLRA(神の抵抗軍)のリーダーであるジョセフ・コニーの信仰について大晦日のニューヨークタイムズに記事が載ったそうです。

その記事へのリンクはこちら

何でも「神の前に人は皆平等」だとかなんとか言ったとか。

長期間にわたって、LRAの犯罪行為が継続しているのは、キリスト教は愛と赦しの宗教だからLRAの犯罪も許してやろうという暗黙の合意が国際社会で成立しているのでしょうか・・・。


*LRA(神の抵抗軍)とは、コンゴやウガンダで村落を襲い村人たちを虐殺し子どもたちを兵士として育成している集団。昨年はこの他世界15の国や地域で子どもが兵士として利用されていた。

redhanddayはこれを止めさせるよう国連に働きかける運動で、紙の上に赤い絵の具で手の平の型を押し、署名と共に国連に送る。日本でも学校やアムネスティインターナショナルなどがこの運動に参加している。

昨年の結果報告について私が書いた記事へのリンクです。
posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

平良夏芽さん

どうなさっているのかなと久々にネットで検索してみましたら、twitter をしていらっしゃるんですね。

http://twitter.com/natsumetaira

ご健在のようで何よりです。

県知事選挙の結果は残念でしたが、「新しい抵抗の歴史を創造しよう」というイスラエルからの呼びかけに応えられる人は、この人しかいないのでは。
posted by PFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

一昨年の今ごろは

毎年クリスマスが近づくと、今年はどんなニュースが飛び込んで来るのかと戦々恐々・・・。

ちょうど一昨年の今ごろはこんな事件がニュースになりました。

キリスト教原理主義反政府勢力(LRA)は神政政権樹立を目指しているのでクリスマスにこだわりがあるのかも知れません。

漏れ伝わるところによると、LRAが活動をしているコンゴでは、レアメタルを狙って欧米を始めとするIT先進国が暗躍しているとか・・・。

アメリカではウィーキリークスによってアフガン戦争の真相が明かされたり、ほかにもいろいろな動きがあるようなので、何がどうつながっているのかそのうち明らかになるのではないでしょうか。

来年こそは朗報が届くことを期待しています。
posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

30回忌

ジョン・レノンが亡くなってから30年目の命日です。

さすがに30年も経つと、誰?その人と思う人も多いことでしょう。

war is over if you want


今日はジョンさんが命をかけて訴え続けた平和への想いを分かち合う日にしたいものです。

日本の多くの家庭では、クリスマスより大掃除の方が年末のメインイベントだったりするのかも知れませんが、さすがにクリスマスと大掃除が一緒にやって来たようなツリーの写真だけではこのブログを訪問してくださる方々に気の毒なので、ちょっと可愛らしい写真を掲示してみました。

気に入っていただければ幸いです。
posted by PFC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

毎日が生誕記念日

googleのロゴが今日は「ジョン・レノン」生誕70周年記念となっていました。

生きていれば70歳なのですね!

ビートルズのメンバーであり、愛妻オノ・ヨーコさんと共に「愛と平和」を訴え続けた人。

ところで、去る10月2日は、非暴力による抵抗運動の父、ガンジーの誕生日でした。

私はその日、ガンジーの遺徳を偲びつつ、チャイを頂きながらインドの写真をたくさん見せてもらいました。

写真はガンジス川、だったらいいな〜と思いつつ私が撮影した海に沈む夕日です。

posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

1年前の講演ですが

内容が素晴らしいので共有したいと思います。

JANJANに掲載されたノーマ・フィールドさん講演録「いま多喜二を語る意味―新たな戦争と貧困の時代に」(上・中・下)

リンクはこちら
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

力関係



広島の原爆記念式典にアメリカ大使と国連総長が参列したことが話題になっています。

ネットのニュースは原爆に両親を殺された女性はアメリカを許すことができないと言っていると伝えています。アメリカ大使は謝罪の言葉を述べませんでした。

槿の花に口がきけたら原爆で殺されたのは日本人だけではなかったと言いたいことでしょう。

  


戦争に負けていまだにアメリカ政府のいいなりになっている日本がアジア諸国と向き合うことはできるのでしょうか?
posted by PFC at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

沖縄慰霊の日

去年だったか一昨年だったか、沖縄の子どもたちが演じるミュージカルを観ました。

演技や歌だけではなく演奏も子どもたちが自分でしていました。皆普通の中高生だったと思います。

プロフェッショナルな子役とは違うのに、演技も歌も演奏も素人とは思えませんでした。

演目は沖縄に伝わる歴史上の人物を現代に生きる地元の子どもに「伝説ではこうだけど、もしかしたら本当は違う物語があったのかも」と語らせる内容でした。

冊封なんて難しい言葉も科白に出てきました。きっとたくさん勉強して一生懸命覚えたのでしょう。

中国との深いかかわりの中で独自の文化を築いてきた琉球が、強引に日本の歴史に重ねられたのが悲劇の始まりだったのでしょうか?

沖縄は失われた命や文化を惜しみ、どこに慰めを見出せばいいのでしょう。
posted by PFC at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

若者はキブツを目指す

イスラエルにある共同体です。

近頃の若者は旅行をしなくなったと言われていますが、東西ドイツが分断されていてロシアがまだソ連だった頃、キブツに住んで働いてみようという若者が日本にもいたように思います。

西側諸国とは異なる価値観を求めたのでしょうか。

今では(というよりかなり前から)キブツも随分様子が変わっているようです。

1994年ごろの状況がわかるサイト

現状については、公式サイトをご覧下さい。
posted by PFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

悪魔のような母(続き)

薔薇さんが書いている「第七官界彷徨」より安保条約を終了させることができるという内容の記事の続きをご紹介させて頂きます。

http://plaza.rakuten.co.jp/articlenine/diary/201005170001/
posted by PFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

悪魔のような母

今日は沖縄返還38周年の記念日だそうです。今回は3年前に書いた記事「5・15平和行進」とは違う角度から書いてみます。

新聞報道によると毎年恒例の平和行進に千人以上の参加者がいて、そのなかの一人がインタビューに応えて「日本に沖縄が返還された時は、母親の懐に戻るような気がしたが、今その母親は悪魔のようだ」と言ったそうです。

母親が悪魔なら父親は魔人でしょうか。

私は本土にいてどこを行進すればいいのかわからなかったので、web上を徘徊しました。

そして米軍基地問題の根幹である日米安保条約を終わらせる方法があることを薔薇さんのブログで知りました。

ご存知ない方の為にリンクさせて頂きます(事後承諾かも。薔薇さんお許しを)。
posted by PFC at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

転載歓迎記事

「窓辺でお茶を」で紹介されていた転載歓迎記事をリンクします。NYで開催されたNPT再検討会議にあわせて2万5千人もの参加者がいた「核兵器のない世界のための国際行動デー」に参加した日本人の方からの報告です。

現地からの報告」。

日々、刻々と動いている世界の政治に日本も影響を受けています。NYでの「国際行動デー」にも2000人もの日本人が参加したそうです。

核だけではなくあらゆる兵器の廃絶を求めたいです。


posted by PFC at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

地球を労わる日



豚だって可愛がられているのですから、地球はもっと労わってもらってもいいはず。

ということで、今日はアースデイだったそうです。

労わるなら地球規模で、「放射能も爆弾も基地も要りません」という集いを紹介します。

5月4日 NYにて 
http://johnjay.jjay.cuny.edu/wisdomconf/index.html
世界中から被爆者だけでなく9.11で亡くなった方の遺族が集い”The Wisdom of the Survivor”という会合が開かれます。主催はアメリカの大学ほかです。

4月25日 ワシントン DCにてhttp://www.facebook.com/pages/Peace-Philosophy-Centre/138024751212
普天間基地移設に反対する沖縄県民集会に賛同する集会があります。情報を提供している掲示板はカナダで設立されたピース フィロソフィー センターによるものです。

4月25日は日本各地で同様の集会がもたれます。

人の価値観は多様ですので、心を一つにというわけにはいかないかも知れません。

人類の心はばらばらですが、地球は一つしかありません。多様なものは多様なまま、知恵を出し合い地球(宇宙)を守る方法を見出さなくては・・。
posted by PFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。