2005年02月03日

飢餓街道

大袈裟なタイトルですが、職場で何人かはそこへ向かっているのを実感しています。もちろん私もそのなかに入っているだろうと思います。企業年金はなくなり、退職金も・・・。資産は株投資で増やせということですが、株を買うお金はどこにあるのやら。

毎日の生活も目に見えて変わりました。たとえば、お昼に何を食べるか。吉野家の牛丼とスタバのコーヒー?外食は贅沢な部類です。職場の男性社員はカップ麺におにぎり1個なんてことがしょっちゅうです。値段にして200円です。200円!手作りお弁当を持参する人もいます。究極の節約は愛妻弁当ということになるのでしょうか。我が家も似たり寄ったりです。

先日久しぶりに地元の大学の学食に行きました。野菜たっぷり、きざんだ油あげたっぷり、お餅まで入った味噌煮込みうどんが本格的な鉄鍋に入って360円程度でした。学生さんは安くていいもの食べてるなあ。なんだか職場の男性社員が気の毒になってきました。

そういえば、お正月明けに男性社員が集まってわいわい言っているので何かと思えば、みんなで自分が着ているカーディガンの品定めをしていました。「えー、それもユニクロ?これもだよー。だって安いんだもんな。」よく見るとみんな色違いの同じカーディガンでした(T_T) 実は黙っていたんですけど、私もその時ユニクロのカーディガンを着てました(号泣)。

不思議です。
posted by PFC at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

ボランティアの不思議

今年は阪神淡路大震災からちょうど10年目にあたるので、TVでもその関連の特集番組が目白押しです。被災された方が少しでも心や生活を立て直すことができるように、そしてお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。

10年前に多数のボランティアが被災地で活動を行いました。これを「ボランティア元年」とマスコミが報道していました。私も他のことでボランティアの経験があるので、支援を必要とする人に必要なモノや気持ちがきちんと届く活動は必要だと思います。でも、あの頃からさかんに自治体がナントカボランティアと銘打って、住民を無償労働に狩り出すことが増えたように思います。

なんで?不景気な時だからこそ、無償労働よりも有償の労働をうみだすことが必要なんではないの?と不思議に思います。たとえば、続きを読む
posted by PFC at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

組合の不思議

契約書に不備があるとはいえ、一応仕事の更新ができたので、労働組合へ報告に行きました。ちょうどこの間話を聞いてくれたKさんともう一人会ったことの無い男性が事務所にいました。二人の様子から察するに、この男性はたまたま組合事務所を尋ねて来た客人のようでした。

さっそく更新の件を話すとKさんも喜んでくれました。そして業務の種類の欄が空白になっている契約書を見せると「一つ終わったと思ったら、また一つ・・・」と笑われてしまいました。

業務の種類については、上司が確認すると言っているので、これまた返事待ちの状態です。何度も書きますが、これでも一部上場企業なのです・・。

もう一つKさんに報告したのは、就業規則で決められている解雇条件とは別に職場で入っている組合の規定で、組合を脱退すると解雇されることになっていることです。その時、私とKさんのやり取りを横で聞いていた男性が突然口をはさみました。

続きを読む
posted by PFC at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

契約更新

来年はどうなるのかなと心配して、労働組合に相談していた仕事の契約が更新されました。「組合初体験」にコメントを下さった方、お気遣いありがとうございました。
続きを読む
posted by PFC at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

図書館の不思議2

ついこの間「図書館の不思議」という記事を書きました。同じ図書館で、3ヶ月近く前に本の予約をしました。もうそろそろ今年も終わりそうだけど、まだ順番が来ません。

いくら何でも遅いなあと思って、確認のために図書館のカウンターを訪れました。ちょうど予約を受け付けてくれた女性がいたので、同じ人なら話が早いだろうと思って予約の件を尋ねました。

すぐにパソコンで確認をしてくれたところ
「お一人ご予約の方がいらっしゃいます」という返事でした。これは予約を申し込んだ時と同じ返事。つまり、その人が一人で何週間も貸し出し延長をしていることになります。

へえ、そんなことができるようになったんだとちょっと不思議でした。以前、私が別の本を借りたとき「予約をしている方がいるので2週間以内に返却してください」と言われたことがあるからです。

特にこの本は人気があるので、予約待ちの人が私以外にも何人もいると聞いていました。11月に別のカウンターで尋ねた時には「受け入れ手続きがまだです」と嘘の言い訳をされたこともあり、なんだか不信感がつのります。

今借りている人だって、悪気はないのかも知れないけれど、どうしても読み終わらないのだったら、いったん返却して後から借り直すとかできないものかと思ってしまいます。そんなに読みたいのなら、文句を言わずに買って読めばいいのにと思われるでしょうか。

待つのは苦にならないけれど、公共サービスの場所で嘘をついて誤魔化されたことが残念でした。何か手違いがあったのなら、本当のことを誠実に説明してくれればそれで済むことなのに・・・と思ってしまいます。

posted by PFC at 20:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

図書館の不思議

私が住んでいる町には公共の図書館がいくつかあります。図書館によって揃えてある書籍や雑誌に特色があります。なかでも専門書と洋書が充実しているハイブローな雰囲気の図書館は、地元の大学図書館が書庫代わりに使っているという噂があるほどの充実ぶりです。

私は静かで落ち着いた雰囲気のこの図書館がお気に入りで、学生時代にはよく利用しました。他大学で学んでいる勉強仲間のFさんと落ち合って、お互いに励ましあいながら勉強した思い出の場所でもあります。

ある時、図書館のロビーに忘れ物をしました。それは、続きを読む
posted by PFC at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

組合初体験

不景気ゆえにリストラされる人が増え続けています。明日はわが身・・。リストラ目的のパワーハラスメント(上司が部下を人前で大声で怒鳴りつける、あからさまな嫌がらせをするなど)が社会問題にもなっています。

こんな時代だから仕事上の自分の体験を書くことに意義があるかもしれないと思います。
私も思い当たることをlog(記録)に残して証拠にしたいと思います。黒皮の手帳みたい(^_^;)

いよいよ契約更新の日が近づいています。でもリストラ目前だから、雇い止めされる可能性が大です。ちょうど新聞に「非正規雇用者のための労働相談」の記事が載っていました。まずは電話で相談してみました。

続きを読む
posted by PFC at 09:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。