2008年11月19日

スピリチュアル@秋の夜長

ブームなのでしょうか。

このブログにリンクさせてもらっているサイトの中にも、いつの間にかスピリチュアルな話題が多くなっているブログがあるみたいですね。

ふ〜ん・・と思うぐらいで、格別興味があるわけではないのですが、ある時あるコトバを検索していたら、こちらのブログにヒットしました。

スピリチュアルに惹かれるのは女性だけではないのですね・・・。このブログの方は幅広くいろいろな思想を勉強していらっしゃるようで、難しいことを適度に噛み砕いてこなれた文章で綴っておられます。

リンクした記事では大乗仏教と一神教の共通点を考察し、後半部分ではキリストがヒマラヤで仏教を学んでいたらしいことが書かれています。

考察の論拠や真偽はさておき(さておくのです!)、ユダヤ・キリスト教とイスラム教、そして仏教の源は同じだったのかも知れません。

これについては、2年前にも「すべてひとつの神」という記事で似たようなことを書いています。

それが根拠になるかどうかはわかりませんが、誰もが過剰な仲間意識から解放され主体的に公平な視点に立てるとよいですね。

そして、世界に君臨する帝国のごときアメリカで新しい大統領が誕生するのを契機に、アフガン・イラク戦争を支持しているキリスト教福音派(原理主義)の勢力が衰退し、世界平和のために自己犠牲に目覚めてくれるとよいですね。

アメリカが滅亡するという噂を喜んでいるわけではありません。国家の滅亡が戦争を支持する勢力の衰退を招くことになれば、世界が今より平和になるかも知れないという希望を感じるのです。

そのためには、アメリカが自滅するのではなく、せめてキリスト教の教えどおり自己犠牲の精神を発揮して自らの手でハルマゲドンを終わらせて欲しいものです。

それがアメリカを戦争に向かわせるキリスト教文明の終焉につながるのではないでしょうか・・・。

21世紀こそ戦争とさよならして新しい文明の幕開けとしたいものです。
posted by PFC at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

干支だるま

というのは、私の造語ですが、今年の干支であるねずみのキャラクターでだるまを作ってみました。

nezumidaruma.jpg


選挙で当選した議員さんが片目のだるまに目を書き入れます。私も大願成就したらこの干支だるまに目を入れようと年初に用意していました。

年が始まってからわずか2ヶ月ですが、その大願が早くも成就に近づいている気配があります。早々に目玉を書き入れたいところですが、もう少し様子を見てみましょう。


続きを読む?
posted by PFC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

脱力ぅ〜

少し前にseesaaのテンプレートデザインに追加された脱力系デザインです(着色は私のお遊びです)。



シーサーロボというしゃきっとしたデザインも用意されています。が、りょぼ・・の語感がセンスいいので面白いと思います。

本当に脱力しているのは、参議院選挙の結果なんですけどね〜。

続きを読む?
posted by PFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

官製エコロジー

今日は夏至です。生憎の雨ですが、ラジオが「今日から100万人のキャンドルナイト」が始まりますと言っていました。

ラジオでキャンドルナイトは民間の取り組みだと言っていましたが、どこかの省庁が後援(主催?)していたと思います。啓発運動としては成功しているかも知れないけれど、CO2削減にどの程度貢献しているのでしょうか。ちょっと不思議なイベントです。

フェミニズムに官製があるように環境問題への取り組みにも官製があるのでしょうか。日本でロハスという言葉を聞くと何かひっかかるものを感じます。

本当に本気で地球温暖化防止を考えるのなら、各自治体でローカルアジェンダを策定してそれぞれ目標値を達成する取り組みがあってもいいと思います。

折りしもニュートンが2060年以降、邪悪な国家が滅亡する可能性があると予言していたニュースが伝わってきました。邪悪という言葉が適切かどうかわかりませんが、UKUSA(WASP)が世界を牛耳っていられるのも今のうちということでしょうか。

日本にいては実感しづらいですが、既に変化の兆しは見えているのだと思います。人類が滅亡するより、選ばれた者(たとえばWASP)だけが生き残る方がよいと考える頑迷さを捨て、持続可能な世界にしましょう。
posted by PFC at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

痛ましい辺野古

沖縄の辺野古で非暴力による基地阻止運動をしている市民に対して自衛隊が投入されたことは、日本の新聞やTVでも報道されましたが、海外でも注目されているようです。

たとえばこちら

阻止運動の中心である牧師さんが仲間を求めていることは前にも書きましたが、反応は今ひとつのようです。

せめてこんな時ぐらい何よりも仲間であることを優先する宗教の人々が呼びかけに応じるのかと思っていましたが・・・。

日頃、愛だ愛だと言いながら悪意には簡単に同調する人々が、仲間の呼びかけには無関心で、平和のためには決して団結しない姿は痛ましいです。

自分が何を信じているのか見失ってしまったのでしょうか。あるいは信仰ではなく利害関係で結ばれている人たちなのでしょうか。無関心の反対は何だったでしょうか?

なんとも不思議で痛ましい辺野古です。
posted by PFC at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

新年度の不思議

4月1日から2006年度が始まりました。一昨昨日までは2005年度だったわけですね・・・。考えてみると不思議な時間区分です。遅れてやってきた2度目のお正月みたいな。

お正月に新年の計を立て損なった人は、新年度の始まりに気持ちも新たに仕切りなおすチャンスかも知れません。

新年度ということで、リクルートスーツに身を包んだ社会人1年生の初々しい姿を見かけました。きっと今日が初出勤の新入社員の方々だったのでしょう。

先日乗った電車の中でも新年度らしい?発見がありました。いつも何気なく聞いている車内アナウンスが、いつの間にか日本語に加えて英語でも停留所の案内が流れるようになっていました。

ローカルな電車に英語圏の外国人らしき人が乗車することはめったにないのだけれど・・・。外国人観光客が押し寄せる国際都市と違って、町を歩いていてもそんなに海外の方を見かけることはありません。

もしかしたら数年後に小学校から英語学習を始めることに決まったので、電車を利用する児童に英語に親しんでもらうためのサービスだったりするのでしょうか。

な〜んとなく不思議な新年度。不思議ついでに初夢以来2度目に記憶に残っていた夢があります。私が夢を覚えていること自体驚きだけど、その夢に知っている人が出てきたのでびっくりしました。めったにないことなので、これも不思議な現象として書いておくことにしましょう。



posted by PFC at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

図書館の不思議5

今年もまたこの話題が尽きません。本日は図書館の駐車場についてです。

某図書館では、図書館に近い玄関前と遠く離れた図書館裏の2箇所に駐車場があります。車で来館した人は、受付で駐車券をもらって車に掲示することになっています。ある時、駐車券を請求したら「外来者は裏の駐車場へ停めてください」と言われました。

以前は図書館前の近い場所に停められたのに、いつの間にか規則が変わったようです。
私 「ちなみに、図書館の前には誰が停めるのですか?」
係員「職員や業者です」
私 「・・・・」

不思議を通り越して唖然としました(-_-)。その時私の頭に浮かんだのは、会社の正面玄関に車を乗り付けて堂々と表玄関から入っていく従業員の姿です。普通は従業員が裏に停めて通用口から入ると思いますが・・・。

この図書館の職員は「ボク/私は、特別」と考えているのか、それとも身内の身贔屓なのでしょうか。不思議というより、常識の外し方が滑稽過ぎて笑ってしまいました。
posted by PFC at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

図書館の不思議4

またまた図書館です。
今回は利用者のマナーと利用規則について。

図書館というと、本を読んだり参考書を広げて勉強したりというのが一般的な利用法だと思います。でも、なかには自習厳禁の図書館があって、今日の話はそこでのできごとです。

続きを読む?
posted by PFC at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

結婚制度の不思議

日本を含むアジアの一部地域には戸籍制度があります。だから結婚=入籍と考えるのが多数派のようです。最近は入籍しないで事実婚を実践するカップルもあるようですが、まだ少数派ではないでしょうか。

日本も国民背番号制になって戸籍制度を徐々に廃止する方向へ向かうのかと思っていましたが(^_^;) そうでもなさそうです・・・。

たとえば、特例法※によって戸籍上の性別を変更してなおかつ(元?)同性婚が認められるようになったけれど、その当事者の人々が「そんな面倒くさい戸籍制度なんか止めよーよ」という運動には至らなかったのが、なんとなく不思議な感じがします・・・。

※関連する報道はここ

続きを読む?
posted by PFC at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

天下りの不思議

経団連の関連企業で談合があったとして、自粛ムードがあった天下り見直しが「やっぱりやーめた」(見直しをやめた)になっちゃったそうです。

※元記事はここ

※関連記事はここにも。

続きを読む?
posted by PFC at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

イベントの不思議

地域振興というのでしょうか、いろいろなイベントが地域で催されると、その後ろに何か大きな意図がくっついているように思います。当たり前といえば当たり前のことかも知れないけれど。

参加型とか町おこしとか名前はいろいろあるけれど、何か誰かが意図する方向へ誘導されているようにも思えます。どうして、このイベントをこの人が主催するの?と不思議に思ったり・・・。

別にそれが悪いわけではないけれど、あまりに簡単に人々がそのイベントに乗ってしまいすぎるのもどうかと・・・。

続きを読む?
posted by PFC at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

不思議な事件

最近(実は数年前から)、不思議なことが続いて起きてます。箇条書きにすると、

@朝起きたら、昨日まで何もなかった庭にネズミの死骸が転がっていた。
A職場の駐車場の私の車の横にネズミ?の死骸が転がっていた。
B職場の庭に飾っていた鉢植えが数鉢盗まれる。

@は放っておいたら、翌日には跡形もなく消えていました。恐らく野良猫が持っていったのでしょう。でもあのネズミは死後数日経っているようでした。そんなものを猫が持っていくかな?どうしてそこにあったのかも不思議です(数年前には猫のバラバラ死体、もっと前にはウサギの死骸があったこともあります。何かの通り道になってるんでしょうか?)。

Aは今日の夕方の話です。不気味な職場です・・・(-_-メ) 以前は鳥のヒナの死骸が落ちていたことがあります。@と同じくネズミ(よく見なかったけど、結構大きかったのでヌートリアか何かでしょうか?)だったのは偶然?にしてもアスファルトの駐車場に転がっているのは不自然・・。

Bは数年前からちょくちょく盗まれていました。門がなく鎖で入り口をふさいでいるだけなので、侵入しやすのかも。今回はGW明けに2鉢、昨日また1鉢と続いて盗まれたので、警察へ届けることになったようです。う〜ん・・・。何か関連があるのでしょうか???
posted by PFC at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

不思議空間

hour3.JPG


入り口はこちら。


hour2.JPG


大正レトロ風・・・。





続きを読む?
posted by PFC at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

ファシリテーターの不思議

不思議というよりも、最近よく聞く言葉だけど、いまひとつどういう人のことを言うのかよくわからない・・・。

語源を調べると英語で「facilitate」つまり「容易にする・ 促進する」という意味があるようです。通常の司会進行と違って、参加者の主体性を大切にし、問題解決への気づきを促す役割を担う人=ファシリテーターということらしいです。

先頭に立ってあれこれ教えるのではなく、参加者の考えを引き出すのを手伝う介添え役みたいなものでしょうか?最近では、企業研修や会議の進行役やNGOのリーダーなどに求められる資質といわれているようで、あちこちで養成講座が開かれているみたいです。


続きを読む
posted by PFC at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

送迎車の不思議

不思議なことが多い私のブログ(-_-;)
本日は以前から気になっている送迎車の話です。

送迎といってもタクシーではなく、施設への送迎のための車です。例えば、高齢者や障害者の方々を自宅(あるいは自宅の近く)までお迎えに来たり、送り届けたりする車のことです。

続きを読む?
posted by PFC at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

人権擁護法案とやら

・・・よくわからないことなので、私が書くのも気が引けます。
が、右へ右へと傾きつつある雰囲気のなかで、なにやら怖〜い話のようです。

ネットで調べてみると、たくさんの関連情報がありました。その中で、「ほぼ日」の「鳥越さんの記事」(2002年)が分かりやすく偏りがないように思われました。

国連が心配して様子を見に来ていたとは尋常ではありません。先日ブログに書いた「女子差別撤廃条約の選択議定書」への批准がまだなことも含めて、どうしちゃったんだろう?何考えているんだろう?とかなり不思議な日本です。なんでもかんでも閣議決定するとは!

戦争に反対した人が捕まって拷問・・・なんてことが繰り返されませんように!!
法律のことはわからないけれど、塀の中の人にも「平和」を願う権利はあるのではないでしょうか?そうしたいと思えば、塀の中から津波や地震の被災者を励ますことだって、できていいはず・・・。
posted by PFC at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

図書館の不思議3

年が明けてから読みたい本が3冊ありました。インターネットで検索すると2冊は同じ図書館に、残り1冊は別の図書館が蔵書していました。

続きを読む?
posted by PFC at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

不思議なチベット占い

不思議と言っては申し訳ないのですが、数年前の話です。続きを読む?
posted by PFC at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

偶然

今から数年前のことです。職場の男性社員が「駐車場にとめてあるあなたの車を移動するから鍵を貸して」と言われて、車の鍵を渡しました。しばらくして別の男性社員が来て「えー、あの人に鍵を渡したらダメだよぉ。勝手に乗り回すから」と真顔で言われました。「そうなんですか?」その場は冗談だと思って笑ってすませたのですが、よく考えると車の鍵と一緒に自宅の玄関の鍵もついていたのです。続きを読む?
posted by PFC at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

IT業界の不思議

大手ポータルサイトyahooがついにblogサービスを始めて話題になっています。そのyahooがヤフオクで詐欺被害にあった人々に訴えられています。yahoo側は可能な限りの措置を取っていたと主張しているようです。個人情報が流出した時の対応は、なだんかなーって感じでしたが今度はどんな展開になるのでしょうか。

我が家にインターネットを導入した時に「回線握り」なる状態に陥りました。料金の安いプロバイダーに申し込みを変えようと思って、先に申し込んでいたプロバイダーに申し込み取り消しを電話で伝えたところ、あっさりOKされたので安心していたら、後日電話が掛かってきて「取り消し手数料を頂くことになります」と告げられました。

それからのすったもんだは、書くと長くなるので省略しますが、結局消費者センターに電話で相談して解決しました。もちろん手数料(数千円)なんか払う必要はありませんでした。その時に断ったプロバイダーの対応や、NTTを始めとする関連企業との電話でのやり取りで感じたことがあります。

続きを読む?
posted by PFC at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。