2007年09月10日

teach me again♪

ある映画の主題歌です。You Tubeでも投稿があったようですが、そちらは削除されたみたいなので歌詞を紹介します。

多分削除されないと思われる英語の歌詞です。
そのサイトで歌詞を日本語に自動翻訳したものです。

真面目なテーマなのに日本語版を読むと、ある意味悲しい。そして泣きたくなるかも・・・。

歌っている女性はティナ・ターナー。彼女の伝記映画を以前映画のカテゴリで紹介したことがあります。ここです。
posted by PFC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

音痴は運動音痴?

年が明けてから年度末にかけて、音痴の私にしては珍しく音楽を聴く機会がたくさんありました。

live


音痴のうえに頭痛もちなので、音楽を聴くことは場合によっては、拷問なのです。ま、私の歌を聴かされるのもまた拷問でしょうけど(^_^;)

常々、私の音痴と方向音痴は関連していると思っていましたが、もしかしたら運動音痴も音痴と関連しているかも。

子供の頃から体操の時間にリズム感の悪さは自覚していたけれど、どうしても他の人と動きのテンポがズレるのです。災害のときに逃げ遅れたり、迷ったりする可能性が大きいかも(-_-)。
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

「雨ニモマケズ」が歌に(追記)

宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」に曲をつけて歌っている方がいらっしゃるそうです。地元岩手県で話題になっているとか。

♪ 試聴はこちらでできるそうです。

詩の内容って普通ありえないことだと思うんです。でも希望として持っておきたい。宮沢賢治自身も"そういうものに私はなりたい"と言っている。今の時代にまさに必要な曲だと思いました。(IBC岩手放送パーソナリティ兼ディレクター・井上学氏)2月1日11時16分配信 オリコン


このブログで以前書いた賢治に関する記事はここです。

★もう一つおまけに紹介。テレビCMに登場する賢治です。
♪ こちらのサイトで試聴できます。
天婦羅とサイダーが好物だったんですね。
期間限定だと思うので、速攻でクリックをおすすめします(^^ゞ
posted by PFC at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

サンスクリット語

老後の楽しみに勉強したいと思っている言語です。難しそうだけど(^_^;)。そのサンスクリット語に英語交じりで歌を歌っている楽曲に出会いました。

♪ こちらで試聴できます。

ヒンドゥー教の神々がテーマになっているようです。できればヘッドフォンで聴くことをおすすめします。

サンスクリット語の劇として世界文化遺産に登録されているこの物語を劇団の来日公演で観劇したことがあります。

余談ですが、出版元の書店の経営を危ぶむ声を数年前から聞いています。もし何か買いたいけど特に予定がない方は、この物語はいかがでしょう。
posted by PFC at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

ター坊素敵♪

葉山にお引越しをして以来HPが更新されていなかったので、どうしたのかな〜と思っていたら・・・。

こんな記事(インタビュー)がありました(リンク切れになるまでお楽しみください)。

「全部無くなっても自分はいる。それまで生きてきた自分がいる。それを信じることがなによりも大切だと。いろんなことをやってきたんだから。そういう自分に自信をもった方がいいと思います。そうしたら何も怖がることなんてないです」


環境問題だけでなく戦争反対を意思表示しているター坊の決意が感じられるコメントですね。今週はJ−wave (20:40から)でもター坊の声を聞くことができます。

続きを読む?
posted by PFC at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

ネオナチミュージックシーン♪

外国雑誌をパラパラめくっていたら、こんなTシャツを着た双子のアイドル歌手の写真がありました。

neonazi.JPG


アメリカのネオナチミュージックシーンで話題になっているそうです。日本でもインターネットで紹介されているので、知っている人は知っているのかも知れません。

本人たちの公式HPもありますが、ドイツのサイトではこんな風に紹介されていました。
http://www.idgr.de/texte/rechtsextremismus/usa/prussian-blue.php
(英語ページもあります)

ネオナチミュージックシーンという分野があることも驚きですが、この二人へのインタビューを読んでもっと驚きました。13歳といえども、ちゃんと自分たちがやっていることを理解しているのです。この二人は一般の学校教育を受けず、人種差別主義者である親に教育されて育ったとか・・・。

戦後60年以上経ち、欧米でもナチスのことを知らない世代が増えているとは聞いていましたが・・・。参考までに去年書いた記事(ネオナチについては後半部分)をリンクします。
http://cabochard.seesaa.net/article/2597960.html

続きを読む?
posted by PFC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

「考える人」

本当は本のカテゴリに入れるべきですが、音楽の話題があまりに貧相なので、ここに書き込むことにしました。

新潮社の雑誌「考える人」で大貫妙子さんの新連載が始まりました。目次はここです。
http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/mokuji.html

田植えと「人の迷惑」がそれ。どこかの校長先生が「人に迷惑をかけないようにしよう」と言うのを聞いて「人に迷惑をかけるのはお互いさま」と喝破するター坊。同感ですね♪

スローライフだのロハスだの、都会でもてはやされている暮らし方にも、自らトラクターを運転して田植えをしたり、草取りをしたりしながら「家庭菜園と違ってとても片手間にできることではない」としっかり検証しています。

さすがター坊。エッセイの最後で身体感覚(触れあい)についても言及しています。何が書いてあるかは読んでいただくとして、いくら身体感覚が貧しくなっているとはいえ、セクハラは嫌ですね(>_<)

季刊誌なので続きを読めるのはまだ先です。待ち遠しいな♪
posted by PFC at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

芸術の秋

重松壮一郎さんという人のCDを購入しました。なにしろ音痴な私なので、どういうジャンルの音楽になるのかわからないけど、ピアノの演奏をしていることは確かです(^_^;)。

音符をなぞって弾くのではなく、風や波の音など自然現象をピアノの音で表現していると言えばよいでしょうか・・・。

music for all living things (音楽を生きとし生けるもの全てに向けて)
僕の音楽のインスピレーションの源は、「生きとし生けるもの全て」だ。
森へ入ると、森に棲むすべての生きのものの生命の響きが、僕に感動を与えてくれる。風の音、川のせせらぎ、木々の葉のこすれる音も、僕に感動を与えてくれる。その感動が、僕の音楽の根源だ。だから、僕はできあがった音楽を、彼らにも聴いてもらいたいと思った。


4歳からピアノを始めて、会社勤めを経て1年前から音楽活動を始めて全国をまわっているそうです。すでに多くのファンがいらっしゃるようですが、数年後には更にメジャーになっておられるのではないかと思います。

ご本人が運営しているサイトはこちらです。
posted by PFC at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

ベスト・クラシック100

クラシックの名曲を集めたCDが売れているそうです。といっても、聞き覚えのあるさびの部分だけを抜粋して1曲3分程度にしてあるらしいです。

ちょっと前に文学作品のあらすじだけを集めた本が売れたけど、これはその音楽版でしょうか。

続きを読む?
posted by PFC at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

たまには・・・♪

カテゴリを設けているわりに少ない音楽の記事。

今日はたまたま訪問したサイトでプリンスの歌声を聴いたので、そのサイトをリンクしてみました。いつまで聴けるのか不明ですが(そのうち別の曲になるかも?)。メディア・プレイヤーがあればクリックひとつですぐ試聴できます。URLは↓に。

http://home.hetnet.nl/~thelog/logje.htm
(画面中央より下に3つ並んでいる真ん中の顔をクリックすると即始まります。)

続きを読む?
posted by PFC at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

ワールドロックナウ

NHKFM 毎週金曜日 夜11時20分から。DJは渋谷陽一さん。
随分前から放送されていたようです。・・・知らなかった(-_-;)

ファンサイト?もいくつか運営されているようです。
こちらとか、こちら
他にもあるかも知れませんね。

とりあえず今晩聴いてみます。
posted by PFC at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

♪この凄い血筋いっぱい♪

・・・清水ミチコさんです。ミニライブ映像が「ほぼ日」で視聴できます。

森山良子親子とかまやつひろしさんとの血縁関係が歌のテーマです。
・・・ははは、笑っちゃいます。顔真似もあります。
昨年は六本木ヒルズから落語のライブ配信がありました。

こういう配信をシーサーさんもやってくれないでしょうか。田舎の都会に住んでいる私のような人には、とても嬉しいサービスです。わざわざ大都市に出かけて行かなくても居ながらにしてライブを楽しめる・・・TV中継とは違って、自分の都合のいい時間に聴ける・見られるのがいいです。短時間の試聴でもいいんです。ちょこっと見聞きできれば。
posted by PFC at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

ター坊TV出演!

昨夜のミューズの楽譜です。

うっかりしていて、最後のフレーズしか聴けませんでした(T_T)
どんなお話だったのでしょう・・・。
めったにTVに出ない大貫妙子さん。
もったいないことしました(>_<)
posted by PFC at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

one fine day

大貫妙子さんの新譜をHPで試聴することができます。
各曲50秒程度ですが、ご本人による解説もついています。

HPのURLはこちらです。
http://www.toshiba-emi.co.jp/onuki/one_fine_day/

※愛知万博にも楽曲を提供しているのですね・・。知らなかった(^_^;)
posted by PFC at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

夢音楽館

※表題をクリックすると番組HPが開きます。

来週のゲストは忌野清志郎さん。(←漢字があっているでしょうか?)
50歳になってもカッコイイな♪

清志郎バージョンの「君が代」ってどんな歌なのでしょう?歌詞はそのままで、曲だけパンク調にアレンジしてあるのでしょうか・・。聞いてみたいな。
この曲が始まると観客が総立ちになるとか。

なにしろ♪僕の好きなセンセー♪以来、ほとんど聴いていないので・・・(^_^;)

館主の女優桃井かおりさんも好きな女優さんの一人です。渡米して映画出演されるそうだけど、どんな作品になるのか楽しみです。
posted by PFC at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

うたばん組

昨夜は久しぶりに安室奈美江ちゃんと矢野顕子さんをTVで見ました。出演していたのは別番組だったけど、お二人の共通点は波乱にとんだ人生を送っていらっしゃることでしょうか・・。

私はどうして矢野顕子さんがNYへ行くことになったのか知らないけれど、誰かのラジオ番組で「教授には他のパートーナーと子供がいる・・」と言っていたのを聞いたことがあります。聞き間違いだったのかも知れないけど、ふーん?と聞き流せず、今でもどういうことだろうと気になっていたりします。

私がもっぱらHPを閲覧するだけのファンになってしまったのは、コンサートがいつも大都市周辺ばかりで、地方の小さな町には誰も来てくれないから!

文句ぶーぶー言いつつも、奈美江ちゃんにもアッコちゃんにも頑張って欲しい。
posted by PFC at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。