2008年01月01日

元旦



今年こそ戦争好きな神様には退場していただきたいものです。一神教でなければ何でもいいというわけではありませんが、たとえばお正月の縁起物である七福神が活躍できる1年であれば愉快ですね。

年末にラジオを聞いていたら、七福神のうち恵比寿さまだけが日本の神様で残りは外国から来た神様だと言っていました。

wikiで調べたら、ヒンドゥー教や道教の影響があるようです。アジア的混沌と言えなくも無いですが、何でもあり、何でもOKは愉快です。

このようにいろいろな文化を融合して上手に取り入れてきた日本人の知恵を見直し、対立を生まない文化を通して日本が世界に貢献するときが来ているのでは・・・。

どこだったか忘れましたが外国のある博物館で、釈迦像が時代によって異なる様式でつくられたという説明を聞きました。展示されている釈迦像を見ればそれは一目瞭然でした。

その時は、表面的なことしか理解できなかったけれど、今考えれば様式の変遷はその時代における思想の変遷とも重なっていたはずでしょう。

場所と時代は異なりますが、ロシア系ドイツ人のある女性は、イスラム教とキリスト教の類似性を「回想録」でこんなふうに書いています。

仏教の経典には、お釈迦さまの入滅(涅槃)が実は方便(ウソ)で、久遠の昔から存在して説法を続けてきたと書いてあるそうです。

時間の概念を軽く超えて、現在過去未来にわたって同時に存在するという意味でしょうか。それは「時間」のはじまりのことでもあり、生命の根源を説明しているようでもあります。

その存在を「唯一神」という概念で捉えなかったアジアの思想が今諸外国から注目されているのでしょう。
posted by PFC at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
この記事を読んで、以前コメントを戴いた記事を思い出しました。トラックバックを送ろうと思ったのですが、PFCさんの記事でより適切なものがあったのでそちらへ。
今年もよろしくおねがいします。
Posted by うえだ at 2008年01月02日 12:39
サイドバーに「平和言及blog(女性)」ってあるんですね。下記ブログを(勝手に)推薦します。
http://bunsblog.exblog.jp/4288916
http://suyap.exblog.jp/6584142
http://blog.bridgeforpeace.jp/
女性と思われるところはとりあえずこれだけ。女性かどうか分らないところも多いのですよね。
Posted by うえだ at 2008年01月02日 13:03
うえださん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。そしてコメントとTBをありがとうございます。

うえださんのブログは、ちょくちょく拝見しております。新年になってからまとめて記事を更新されたのでしょうか。ユーモラスな表現にさっそく初笑いをしたり、考えさせられる記事に唸ったり・・・。

女性の方のブログを紹介してくださってありがとうございます。bridge for peace の神さんのことは、恩師に教えてもらったことがありました。

その時は名前を知らなかったので、ブログを拝見してこの方のことだったのかと思いました。

ネットの世界は現実の世界に繋がっているものですよね。ブログで発信したことがネットの中だけで終わらず現実に世界を平和にしていく力にしたいですね!
Posted by PFC at 2008年01月03日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。