2007年08月22日

KWANON10D

私の趣味としてこのブログにリンクしてある写真ブログには、曜日別に投稿サイトがリンクしてあります。

毎週曜日ごとに各サイトからテーマが出題され、そのテーマに沿った写真を撮って世界中から投稿作品が寄せられます。

投稿者の間では、日本製のカメラが人気あるようです。その中の一つ、キャノンのロゴにこんな意味があるとは知りませんでした。

詳細はこちらのサイトへ。

創業者が熱心な観音信仰をしていて、そのご慈悲にあやかって世界に通用するカメラを作ろうと誓願を立て、みごとに実現したのでした。

試作段階でのロゴマークである観音様には千本の手があります。これは、あの手この手で人々を救おうとする慈悲を表現しているのだとか。その慈悲にあやかって今では世界中の愛好者から引く手あまたのカメラブランドです。

世界の人々が手にするカメラに仏教の慈悲が込められていたとは、意外でもあり嬉しくなるようなお話でもあります。

それにしてもKWANONとは、くわぁんのんと読むのでしょうか。憧れのcanon10Dや20DもKWANONでは、ちょっとイメージが違うかも(^_^;)

観音菩薩についてはここが参考になります。

ちなみにseesaaの写真加工ツール「マジカルメーカー」ではこんなことができます。
posted by PFC at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52347888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。