2007年07月29日

一介(いっかい)

〔権力の庇護を受けることもなければ、また、こびることもない、名声を博することもなければ、また求めることもない〕独立した存在として見た、個人。

「もし彼が合格して一高、東大のコースを歩んでいたら、〜の(=平凡な)実業家で終わっていたかもしれない」

※このエントリーはこうさぎが書きました。

言語学者で東大名誉教授でもあり、「新明解国語辞典」の編さんにもかかわった柴田武さん(88歳)が7月12日に亡くなりました。

本日のエントリーは謹んで柴田さんに捧げます。
posted by PFC at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | こうさぎ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。