2005年05月10日

クローズアップ現代 5月10日

「追跡 学位売買」
アメリカやヨーロッパでは、大学で勉強して試験を受けなくても人生経験を評価することなどにより、学位を授与する大学がビジネスとして成立しているそうです。アメリカでは政府の要職についている人までそのような大学にお金を払って学位を取得していたそうで、その人は解雇されました。

州によって法律が異なるアメリカでは、違法すれすれであっても違法ではない場合もあるようです。そのせいか摘発を強化しても今だにそのビジネスが成り立っているようです。もっともテロ対策の後手に回って摘発が追いつかないのが実情とか。

日本ではややニュアンスは異なりますが「論文博士制度」を廃止する報告案が出ているようです。今日の番組はこの制度見直しに議論を呼びそうな内容だったかも・・・。

※番組HPへのリンク
※「論文博士制度廃止報告案」の記事

アメリカの「学位製造工場」のことは知らなかったけれど、日本の「論文博士制度」のことは前から変だと思ってました。

実を言うと私のかつての上司がこの「論文博士」だったんです。その元上司は学部時代と全く異なる専門分野で論文を書いて博士号を取得したわけで、話を聞いただけでも「どうやってそんなことができるの?!」と不可解でした。だって医学博士ですよ・・・。

元上司は臨床こそすることはなかったけれど、私の先輩に言わせると「よくあること。立派な学位です」なんだそうです。文系の博士号取得者の半数近くが論文博士というのも驚きです。でもやっぱり廃止になるかもしれないところを見ると日本独自の制度で海外では通用しないのかも。

変だ、変だと思っていた私の考えが間違っていたわけではないと知り、納得しています。ちなみに、論文博士と違って、大学院で所定の単位を取得したうえで、論文を書いて得た学位を「課程博士」というのだそうです。

ちなみに、私の元上司は今でも現役で活躍されています。要は肩書きと実力が見合っていれば問題ないのでしょうね・・・。というよりも肩書きより実力で評価すればそれでいいと思うんですが。その場合は評価する側の評価能力が問われるのでしょうね・・・。

ちなみに、番組では「正当な手段で学位を取得した人が、お金で買った学位の人よりその学位が評価されないとしたら不公平です」というコメントを紹介していました。これを聞いて、私の恩師のことを思い出してしまいました。

恩師はその能力と人柄ゆえか、定年退職後に再就職した大学で今現在もご活躍です。でも、ちょっと長いんです。在職期間が・・・。他の先生方が次々と辞めていかれるなか、なぜか恩師だけがいつまでもいつまでも・・・。それだけ必要とされていらっしゃるのだとわかっていても、やはり「東大卒」の肩書きがチラチラ・・・。どの大学の学位かってことが評価の対象でもあるのでしょうか。

それよりも問題なのは、その大学の職員が他大学(及び近隣施設)からの天下りのように見えることでしょう。窓口担当の女性まで、関係者の縁故採用らしいです。すごーく感じ悪いことで定評があるのは、そのせいじゃないですよね・・・。

ちなみに、日本には大学以外の機関によって学位が授与されることがあります。これはれっきとした合法的手段であって、お金で学位を買うわけではなさそうです。それにしても、そんなに学位を乱発してどうするんでしょう。確かに日本の女性で4年制大学を修了している割合は先進国中かなり低いと言われてはいるけれど・・・。統計の数字をUPさせるためってことはないですよね?

※学位授与機構についての記事
posted by PFC at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3551330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。