2006年10月27日

いじめと愛国心教育

私が子供だった頃、小学校の同級生の男子に問題児がいました。今ならナントカ障害などと病名がつけられるのでしょうが、当時は学習態度が悪く同級生にいたずらをする問題児だと見られていたようです。

その男子が私の同級生の女子を集中的にいたずらの対象にしていました。具体的にどんなことをしたのか今では覚えていないけれど、たまりかねたその女子は、ある日「あの子の親に断固抗議する!」と級友の前で宣言しました。

小学校高学年とはいえ、私たちはまだ子供でした。大人を相手に直談判なんて・・・と、その女子が心配になり、同じクラスの何人かが一緒について行くことになりました。

その中になぜ私がいたのか、これも今では忘れてしまいました。ともかく、男子の家に到着すると、対応に出てきた母親に向かって同級生の女子は、正々堂々と胸を張り、まっすぐ相手の目を見て「あなたの息子に毎日いたずらをされて迷惑しています。お母さんから止めるように注意してください」と訴えました。

今時のお母さんなら逆切れして学校に怒鳴り込んできそうですが、そのお母さんの態度は立派でした。子供の言い分に神妙に耳を傾け女子の話を真面目に受け止めてくれました。

その後、男子のいたずらが止まったのかどうか、記憶がはっきりしないけれど、その女子は後に高校でクラスのリーダーとして生き生きと活躍したと聞いています。小学生の子供にだって「自分で考え、判断し、行動する」ことができるのです。

近頃巷で噂の愛国心教育だとか、教育ナントカ法だとか、既に実施されている「心のノート」だとか、大人が心配するほど、子供はなんでも鵜呑みにするわけではないと思います。少なくとも私が子供だった頃の同級生は、ある程度状況を把握したうえで、大人の言動を批判的に見ていました。

それに日本の教育がそんなに効果があるのだったら、今ごろ日本は秀才や天才だらけのはずですが、「いったい学校で何を習ってきたの〜?」と言いたくなるほど学習が身についていない子供だってたくさんいます(そういう子供には他の能力が備わっているのかも知れませんが)。

今、私たちが教育や政治に不安を覚えているとしたら、それはこれまで「協調性」「従順」「和合」などを美徳として、他人と対立してまで自己主張することを悪いことであるかのように考えてきた(思い込まされてきた)ツケが回ってきたのかも知れません。

法律がどんな風に変わろうと学校での教育は教育として、自分で自分を教育すればいいではないかと思います。
posted by PFC at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供だった頃 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。