2005年03月09日

人権擁護法案とやら

・・・よくわからないことなので、私が書くのも気が引けます。
が、右へ右へと傾きつつある雰囲気のなかで、なにやら怖〜い話のようです。

ネットで調べてみると、たくさんの関連情報がありました。その中で、「ほぼ日」の「鳥越さんの記事」(2002年)が分かりやすく偏りがないように思われました。

国連が心配して様子を見に来ていたとは尋常ではありません。先日ブログに書いた「女子差別撤廃条約の選択議定書」への批准がまだなことも含めて、どうしちゃったんだろう?何考えているんだろう?とかなり不思議な日本です。なんでもかんでも閣議決定するとは!

戦争に反対した人が捕まって拷問・・・なんてことが繰り返されませんように!!
法律のことはわからないけれど、塀の中の人にも「平和」を願う権利はあるのではないでしょうか?そうしたいと思えば、塀の中から津波や地震の被災者を励ますことだって、できていいはず・・・。
posted by PFC at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。