2011年04月14日

happy news 2010

今年もそんな時期になったのだなぁという感慨はあるものの、まだ東北地方太平洋沖地震とそれに続く震災原発が収束しないので落ち着かない日々です。

本当なら昨年度このブログで書いた記事のなかで一番ハッピーだと感じられる記事を選びたいところですが・・・。

本家の新聞記事では、すでに2010年度のハッピーニュースが決定しているようです。

もう少ししたらあらためてこの記事を書き直したいと思います。


以下は4月25日に書いた追記です。

震災から1ヶ月以上経ちましたが、依然として原発は予断を許さない状況です。だからと言ってそのことだけに拘泥していては明るい気持ちにもなれず・・・。

そんな時だからこそ、例年とは違う意味で2010年度(2010年4月〜2011年3月末)の happy news には、あえてこの記事を選んでみました。

震災お見舞申し上げます

書いたのは震災から3日後の3月14日ですが、半年後の9月までtop記事に置いておくつもりです。

happyの感じ方は人それぞれなので、これを読んでも何も感じない人だっているでしょう。

オノ・ヨーコさんんが法華経を信じていることにも驚きですが、70年代に楽曲を作ってからも変わることなく信じる気持ちを保ち続けていることに私はhappyを感じます。

香港のアーチストたちも「雨ニモ負ケズ」(法華経の信者だった宮沢賢治作)を歌って震災後の日本を励ましてくれています。地球規模の災害に対して祈りで地球全体を包み込んでいるような感じがします。
posted by PFC at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。