2005年02月10日

偶然

今から数年前のことです。職場の男性社員が「駐車場にとめてあるあなたの車を移動するから鍵を貸して」と言われて、車の鍵を渡しました。しばらくして別の男性社員が来て「えー、あの人に鍵を渡したらダメだよぉ。勝手に乗り回すから」と真顔で言われました。「そうなんですか?」その場は冗談だと思って笑ってすませたのですが、よく考えると車の鍵と一緒に自宅の玄関の鍵もついていたのです。
一瞬どきっとしましたが、ほどなく先ほどの男性社員が戻って来て鍵を返してくれたので、そんなことも忘れてしまいました。それからしばらく経ったある日のこと、我が家の留守電が触りもしないのに突然録音テープの再生を始め出したのです。これがほぼ毎日続きました。おかしいな、故障かなと思いつつ数日が過ぎたある日、職場の男性(前述とは別の人)が、ぼそっと呟いた一言を聞いて驚愕しました。それは昨夜我が家で私が言った独り言と同じせりふだったのです。

まさかとは思いましたが、一つ気になり出すと次々と疑惑が浮んでくるもので、夏場の電気代が例年よりすごく高いのも気になります。よもや留守宅に合鍵を使って入り込んで盗聴器を仕掛けたり、涼んだりしていたわけではないでしょうね・・・。最近はどこの家も核家族化と共働きが主流で、昼間は留守になっているご近所が多いのです。合鍵を持っていれば、堂々と玄関から家の中に入れます。見ている人がいたとしてもそれほど不信に思わないかも知れません。ま、そんなことをされなければならない理由もないし、やはりこれは私の気のせいでしょう。

気のせいに決まってます。男性社員が「ちょっと出張に行くから会社の車で駅まで送ってくれる?」そういって、普段は別の人に頼むことをわざわざ私に頼んだのも、出かけている間に仲間の誰かが我が家に忍び込むための時間稼ぎ・・・なんてことはないでしょう。我が家の家族の写真や大切な書類が持ち出された形跡があるような気がするのも、きっと私の勘違い・・・。出勤途中で男性社員の奥さんにそっくりな人を我が家の近くで見かけたのも偶然・・・。その女性が私の顔を見て、慌てて塀の陰に隠れたのも偶然でしょう・・・。

「偶然も3度続けば偶然ではない」という言葉も気にしないでおきましょう。
posted by PFC at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1897119
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。