2010年10月03日

ユダヤ人の起源 訂正

今年8月26日付けの標題の記事を訂正します。以下は原文コピーです。
文末のリンク記事を2007年9月2日付けのこの記事に差し替えます。

私は「平和のために、日本のキリスト教徒が自らの信仰に反対し立ち上がるのです」。と書きましたが、同書の著者がとった立場は、これに近いのではないかと思います。

著者はキリスト教徒ではなくユダヤ教徒ですが、本当にそうできる人がいることに感動を覚えます。

本書の原題は「ユダヤ人の発明」です。著書はイスラエル在住のユダヤ人教授です。

著者はユダヤ人とはユダヤ教徒のことであって、ユダヤ民族は存在しないと主張します。そして、聖書に登場するユダヤ民族離散の記述も史実ではないと論じます。

それが何を意味するのかは、↓のサイトで読めるレビューを参考にしてください。
http://book.asahi.com/review/TKY201005180143.html


この本を書いたために著者は大学では冷遇されますが、反面、共感する人々も世界中にいて友人が増えたそうです。

なぜ「ユダヤ人」を発明する必要があったのかは本書を読んで頂くとして、勇気ある知識人の存在を知って少し安心しています。

「発明」について以前私が書いた記事のURLです。
http://cabochard.seesaa.net/article/51508666.html
posted by PFC at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。