2006年04月03日

新年度の不思議

4月1日から2006年度が始まりました。一昨昨日までは2005年度だったわけですね・・・。考えてみると不思議な時間区分です。遅れてやってきた2度目のお正月みたいな。

お正月に新年の計を立て損なった人は、新年度の始まりに気持ちも新たに仕切りなおすチャンスかも知れません。

新年度ということで、リクルートスーツに身を包んだ社会人1年生の初々しい姿を見かけました。きっと今日が初出勤の新入社員の方々だったのでしょう。

先日乗った電車の中でも新年度らしい?発見がありました。いつも何気なく聞いている車内アナウンスが、いつの間にか日本語に加えて英語でも停留所の案内が流れるようになっていました。

ローカルな電車に英語圏の外国人らしき人が乗車することはめったにないのだけれど・・・。外国人観光客が押し寄せる国際都市と違って、町を歩いていてもそんなに海外の方を見かけることはありません。

もしかしたら数年後に小学校から英語学習を始めることに決まったので、電車を利用する児童に英語に親しんでもらうためのサービスだったりするのでしょうか。

な〜んとなく不思議な新年度。不思議ついでに初夢以来2度目に記憶に残っていた夢があります。私が夢を覚えていること自体驚きだけど、その夢に知っている人が出てきたのでびっくりしました。めったにないことなので、これも不思議な現象として書いておくことにしましょう。



posted by PFC at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。