2010年06月13日

若者はキブツを目指す

イスラエルにある共同体です。

近頃の若者は旅行をしなくなったと言われていますが、東西ドイツが分断されていてロシアがまだソ連だった頃、キブツに住んで働いてみようという若者が日本にもいたように思います。

西側諸国とは異なる価値観を求めたのでしょうか。

今では(というよりかなり前から)キブツも随分様子が変わっているようです。

1994年ごろの状況がわかるサイト

現状については、公式サイトをご覧下さい。
posted by PFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。