2010年03月13日

フードインク

2008年 アメリカ

アメリカの食品業界の実態を暴いたドキュメンタリー。日本でも公開された映画です。

例によって私はまだ観ていませんが、ネット上で観た人の感想を読むとかなり衝撃的内容かつ知っておくべき事実が描かれているようです。

ちなみに、いつも可愛い編みぐるみを制作しているNY在住のマリリンさんもご覧になった模様です。こちら

翻って日本の食品や農業のことを考えてみました。自給自足を目指して農業に勤しむ都会人がいる一方で、地方の農家は農業だけでは生活できない現状があります。

昨年は日本のお百姓さんたちがトラクターに乗って国会周辺をデモ行進しました。食と農業の実態とは噛み合わないまま、もてはやされるエコロジカルムーブメントって何なのでしょう。

WTOやAFTAなどを持ち出すまでもなく、Buy America を推進し、日本国内の産業は保護しない方針だと言われたはず・・・。
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。