2010年02月17日

2・16CNN

日本では歴史的記念日にあたる2月16日、アメリカのTV局CNNにパティ・スミスが登場しました。

時々このブログでも取り上げている有名人ですが、どういう人物なのかよく知らない人もいるかも知れません。

前日の番組HPに最近の活動状況が簡潔に紹介されていたのでリンクして訳文を載せます。

翻訳サイトによる日本語訳

アメリカ人のパティ・スミスはしばしば「不良の名付け親」と呼ばれます--米国の1970年代の間のパンク運動の上昇における影響力のある人物歌手のパティ・スミス。

彼女のいくつかの最も忘れられないアルバムが彼女の1975デビューアルバム「馬」と彼女のヒットソングを含んでいる、「夜、」、ロッカーによって共同書かれたブルース・スプリングスティーンであった。

スミスは音楽産業でよく見なされますが、また、彼女の政治的能動主義において、63歳もさまざまな問題でよく知られています。

彼女は、米国の緑の党のオープンな支持者であり、2000年の大統領候補者(ラルフ・ネーダー)の後ろで体当たりしました。

また、スミスは、イラクの米国の導かれた侵入に対する最初のシリーズの抗議のいくつかを組織化するのを助けました。



「不良の名付け親」・・日本では「パンクロックの女王」と呼ばれています。

大統領候補の「後ろで体当たり」したとは知りませんでした。

歌手であり政治的能動主義でもあるのです。

年齢は63歳です。

アフガン・イラク戦争には反対なのですね。

なんとなく人となりがわかったでしょうか・・・。

私には若い人たちが「LOVE」とか「リスペクト」とか、どういう意味で使っているのかよくわからない時があるのですが、こういう人の言動をリスペクトするのなら納得できます。

よくわからない人は最新著書「JUST KIDS」を読んでくださいね。
posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。