2010年01月30日

国際読書年

日本では今年を国民読書年と呼ぶみたいです。

活字離れに歯止めをかけることが目的のようですが、世界的不況の中で休刊する雑誌が続出し、出版社も経営が苦しいのだろうと思います。

電子メディアと活字文化の共生をはかりたいそうですが、キャッチフレーズが「じゃあ、読もう」って、どうなんでしょう・・・。

そんなある日のニュースでアメリカ人作家サリンジャーの死去を知りました。

日本の有名作家が翻訳をして再び注目を集めた「ライ麦畑でつかまえて」の作者です。寡作で知られる作家なので消息すら知らなかったのですが、91歳の大往生だったそうです。

ニューヨーク公立図書館のサイトに追悼文が掲載されています。
ここです。
posted by PFC at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。