2010年01月20日

続クロス・オーナーシップ禁止

昨日書いた記事の続きです。

TVをつけるとどのチャンネルでも同じニュースを似たりよったりの内容で伝えています。

新聞もだいたい同じような報道で埋め尽くされていることが多いです。

このようなことが起こるのを防ぐために欧米など先進国ではTV局と新聞社が系列化する「クロスオーナーシップ」を禁止したり、制限したりしているのです。

そうすることによって多様な言論が守られメディアの相互チェック機能が働くことになるからです。

昨日紹介した神保哲生さんは「ポイントは、このような問題があるという認識が世論に広がるかどうか」だと指摘しています。

神保さんです。ぴかぴか(新しい)

※写真はJ-CASTからお借りしました。




そっか。知らなかったわぁ。

だって、我が家では資源ごみを減らすために(というのは建前でホントは家計節約のため)新聞はとってないしテレビも壊れているから。

そういえば、やたら著作権を主張するのも著作者の権利を守っているようで、実は言論の自由が制限されることになりかねないわけですね・・。

ところで、新聞やTVを利用しないで世論を形成することはできるでしょうか?

昔から「人の口に戸は建てられない」といいます。物見高く浅ましい人間の本性を生かすチャンス到来です。

ただ、クロスオーナーシップでは触れられていない問題があります。それはマスコミと企業の関係。

マスコミでも企業でも、そこで働いているのは一般市民です。クロスオーナーシップによって既得権益を失うのはTV局や新聞社だけではないということでしょうか・・・。

「多様な言論が守られメディアの相互チェック機能が働くこと」がどうして大切なのか、それよりも現状を維持しつつ目先の利益を守ることが大切なのか、日本人はどちらを選ぶのでしょう。
posted by PFC at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。