2010年01月13日

キャプテンEO

1986年から1997年まで日米のディズニーランドで上映されていた3D映画です。

17分という短編ながら、主演はマイケル・ジャクソンで製作はジョージ・ルーカス、監督はフランシス・フォード・コッポラという豪華な映画でした。

カリフォルニアのディズニーランドで今年2月から再上映されるそうです。日本で観たい人は動画サイトを検索してみましょう。3Dメガネがないと立体には見えないかも知れませんが・・・。

3Dだけではなくマイケルの歌とダンスが大人気で私も長蛇の列に並んで観た記憶があります。

手を伸ばせば触れそうな3D画像も斬新でしたが、周りの観客の反応が映画を更に盛り上げていました。

興奮して叫ぶ!わめく!歓声をあげる人々。観た場所がアメリカだったからでしょうか。日本ではあり得ない観客の過剰な反応が面白かったです。

普段の生活によほど楽しいことがないんでしょうか・・・。

今話題の3D映画より、私にはこの映画の方が衝撃的で楽しめました。

この記事は今は亡きマイケル・ジャクソンに敬意を表して映画ではなく音楽のカテゴリにしています。
posted by PFC at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。