2009年11月18日

小沢発言

●10日に高野山でキリスト教は「排他的」「独善的」と指摘。

この発言に対し「日本キリスト教連合会」は、「それこそ『排他的』で『独善的』な発言」と抗議文を送ったそうです。

以下民主党幹事長の小沢さんによる釈明会見より抜粋です。

「(仏教の世界観では)生きながら仏にもなれるし、死ねば皆、仏様。ほかの宗教で、みんな神様になれるところがあるか。根本的な宗教哲学と人生観の違いを述べた」と説明。

「西洋文明は自然を征服しようという考え方でアジア人にはほとんどない」と語り、西洋思想は人間中心だが、東洋思想は人間が自然の一部だと強調。


欧米では9.11以前からキリスト教(教会)の問題点を指摘する知識人が大勢いましたが、日本でもやっとその言葉を真剣に受け止める気運が高まってきたのでしょうか・・・。
posted by PFC at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。