2009年08月05日

永遠のこどもたち

2007年 スペイン・メキシコ
映画情報はここです。

日本では昨年公開されたホラー映画です。

ミステリー映画だと思っていたら結構本格的なホラー映画でした。知らずに観ると心臓に悪い場面もありますが、怪談だと思えば夏にぴったりかも。

ジェラルディン・チャップリンが霊媒師の役で登場します。役柄がぴったりしていて怖かったです・・。

映画の設定には?な部分もあるけれど、行方不明になった息子がエイズのキャリアで、そうとわかっていて養子に迎えた・・というところにスペインの医療現場の先進性が現れているような気がしました。

ミステリーに気をとられていると見逃しそうなエピソードですが、この病気のために定期的に薬を飲ませなければならない・・というのが行方不明になった息子を養父母が必死で探す理由でもあるのです。

怖いけど胸を打つ物語でもありました。
posted by PFC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。