2006年01月10日

図書館の不思議5

今年もまたこの話題が尽きません。本日は図書館の駐車場についてです。

某図書館では、図書館に近い玄関前と遠く離れた図書館裏の2箇所に駐車場があります。車で来館した人は、受付で駐車券をもらって車に掲示することになっています。ある時、駐車券を請求したら「外来者は裏の駐車場へ停めてください」と言われました。

以前は図書館前の近い場所に停められたのに、いつの間にか規則が変わったようです。
私 「ちなみに、図書館の前には誰が停めるのですか?」
係員「職員や業者です」
私 「・・・・」

不思議を通り越して唖然としました(-_-)。その時私の頭に浮かんだのは、会社の正面玄関に車を乗り付けて堂々と表玄関から入っていく従業員の姿です。普通は従業員が裏に停めて通用口から入ると思いますが・・・。

この図書館の職員は「ボク/私は、特別」と考えているのか、それとも身内の身贔屓なのでしょうか。不思議というより、常識の外し方が滑稽過ぎて笑ってしまいました。
posted by PFC at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。