2009年01月02日

インビジブル・チルドレン 2003年米

このドキュメンタリー映画をつくったスタッフによる公式サイト(ブログとHP)はこちらです。このサイトから以下に書いた子ども達への支援活動協力ができます。

昨年末「気になるニュース」で取り上げたウガンダの反政府抵抗組織「神の抵抗軍(The Lord's Resistance Army : 略称 LRA)に拉致され少年兵に育成された子ども達のことを記録した映画です。

LRAとは?wikiによる説明

LRAの指導者コニーとは?wikiによる説明

指導者コニーは「聖書と十戒に基づく神政政権の樹立」を掲げているそうです。ウガンダやスーダンで彼らに拉致され無理矢理少年兵にされた子ども達がいることは知っていましたが、その首謀者がキリスト教に基づく政権を樹立しようとしているとは知りませんでした。

同様に拉致された少女たちは、性的虐待の犠牲になっているそうです。説明によるとアメリカによる政治介入が彼らの活動を激化させる一因になったようです。

アメリカの大統領が聖書の予言「ハルマゲドン」を公言して実際に戦争に臨んだことにも驚きましたが、神政政権樹立のために虐殺や拉致をくり返している組織があることも驚愕です。

人々を戦争や虐殺行為に駆り立てる宗教上の問題がキリスト教にはあるということでしょうか・・・。
posted by PFC at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。