2008年12月29日

年末の番組

●中村医師「俺の敵は暴力主義」

12月31日RKB毎日放送 朝7時から7時54分
詳細情報はここです。

大晦日にふさわしいメッセージが届けられます。放映は福岡圏内だけのようです。全国放送してもらいたいですね。


●自民党の選対委員長が「公明党を切れば自民党は衆院選で勝てる」と発言

12月15日テレビ朝日のニュース番組でこの発言を受けてキャスターが「こんなこと言っていいの!?自民党は公明党の力をずいぶん借りてきた」と怒りの発言をしたそうです。

「力を借りた」というのは、自民党が選挙のときの票集めに公明党を利用してきたという意味でしょう。

公明党は改憲やソマリア派兵にも慎重な姿勢で、先走りがちな自民党を牽制する役割を担っているように見えます。

この番組でも公明党の議員が「定額給付制度は公明党が自民党に強引に飲ませたというのは事実ではない」と発言する映像が流されました。

ニュースは伝え方次第で視聴者に事実を誤認させてしまう怖れがあります。キャスターが思わず叫んだコメントは、報道する側のせめてもの良心からだったのでしょう。

何をどう報道したところで、日本の政治はアメリカの意(年次改革要望書)のままであり、議員立法の少なさといい、国内の選挙制度は民意を反映しているとは言えないのです。

そのアメリカが経済破綻し滅亡すると言われている来年こそ、世界が良い方向へ変われるチャンスの年になるかも知れません。
posted by PFC at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。