2008年10月17日

ホームレス中学生 2008年 日本

映画関連のプレゼント情報はこちらです。

公開前の映画なので、当然ながらまだ観ていません。原作本がたくさん売れたとか、書いた人がお笑いタレントさんだとか、今度はお兄さんが「ホームレス大学生」という本を出したとか、誰でも知っているようなことしか知らないので、この映画についてのコメントはありません(後で追記はするかも)。

ところで、14日は鉄道の日だったそうです。私は鉄子じゃないのですが、電車に乗るのは好きです。

ある公園の一角に現役を引退した機関車が置いてありました。その機関車は子どもたちの人気者で、いつも誰かがよじ登って遊んでいました。

公園には子どもだけではなく、近所の人も散歩に訪れます。ある時、散歩を楽しんでいた人が何気なく機関車の中を覗いてみたら、何とそこに住んでいる人がいたのでした。

「中国人でした」

ある人は確信をもってそう言いました。中学生でも大学生でも失業したサラリーマンでもなく、中国人だったのです。

その後不法滞在者がつかまったという話を聞かないので、これは一つのメルヘンですね。

ちなみに、その機関車はその後柵で囲まれてしまい、誰も近づけなくなりました。

余談ですが、機関車がある街の持ち家率は7割以上なのです。関東方面から来た旅行者が駅につくなり「ホームレスはどこにいるんだ?」とあたりを見回したという逸話まであります。

そういうわけで「ビッグ イシュー」を売っている人もお店も見かけることはありません。多分「ビッグ イシュー」を知っている人もほとんどいないでしょう。

「ホームレスチャイニーズ」は、どんな事情があって家族を解散したのでしょう。

実はゼンジー北京だった・・なんて落ちはありませんよ。



ところで、映画はとてもよかったです。「関西バンザイ!」って言いたくなるようなお話でした。

でもやっぱり関西に「ビッグ イシュー」は似合わないような気がします。

関西のお笑いパワーはすごいですねん。私モ関西系フランス人ヤシ♪
posted by PFC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。