2008年07月15日

絵画鑑賞

私が子供だった頃、日曜日の朝「日曜美術館」というTV番組をよく見ていました。

学校の教科書では知ることのできない画家や作品にまつわるエピソードが紹介されるので毎週楽しみにしていました。



ある時、スペインの宮廷画家ゴヤの絵画が紹介されました。その時の番組の内容はもう覚えていませんが、有名な「マハ」の絵だけではなく知られざる画家の一面を深く掘り下げた内容が感動的だったという印象が残っています。

後日同級生の家に遊びに行ったら、彼女の勉強机の横の壁にゴヤの絵が数枚飾ってありました。それも艶っぽいマハの絵ではなく、ちょっと不気味な我が子を食べる巨人の絵が飾ってあったのです。

同級生も「日曜美術館」を見ていて、ゴヤの生涯に感銘を受けた彼女はすっかりゴヤにはまってしまったのでした。

この番組はタイトルを若干変えて今でも続いている長寿番組です。
posted by PFC at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供だった頃 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。